選ぶのが苦手

最近、買い物の多くをネットで済ませてしまいます。

服はサイズが合わないということがあったりすると、返品とか取り替えるとかの手間もかかってしまうと面倒なのでネットでほとんど買わなくなってしまったということもあり、ネットで買わない物は、服とか食料品ぐらいかもしれません。

最近の買い物

これまで自分が使う歯磨き粉に大体300円程度しかお金をかけてきませんでした。でも、先月ちょっと思うことがあり、1コ2000円ぐらいの歯磨き粉を買ってみたくなりました。

毎日使ってみる物に少し多めにお金をかけてみたら、どんな変化があるのだろうかとちょっとだけ知りたくなったからです。

近所のドラッグストアに行ってみると、2000円ぐらいの歯磨き粉は3種類ぐらいしかなく、「うーん。。じゃあこれ」と、1分ぐらい悩んで買い物が終わりました。楽ちん楽ちん。

しばらくして・・

その歯磨き粉が無くなりそうになったので、次はネットで買おうと思ってAmazonで検索してみると。。。

近所のドラッグストアで3種類しかなかった2000円程度の歯磨き粉が、たくさん種類がありすぎて・・・どれを買ってよいやら分からなくなってしまいました。

商品が溢れすぎ・・・

商品を買う時に参考にするレビューを見ても、絶賛vs貶す(☆5vs☆1)が混在していて、つい何を信じて良いのやら・・・悩んでしまいます。

海外製品の場合、アメリカのAmazonのサイトのレビューもつい見てしまいます。

この「どれを買ったらよいか?」ということで悩むこと・・・嫌いというか、ほとんど耐えられません。本当に嫌いです。

この悩んでいる時が一番楽しいんだよ〜という友人もいますが、自分はその悩むということに労力を使いたくないのです。

選ぶことは手段でしかないからです。手段は目的ではありません。

なので、スマホはiphoneを使い続けているし(スマホを使い始めた頃、iphoneしかなかったということもあるけど)、コンピューターもMacを使っています。

だって、予算と用途を決めてしまえば選ぶのが楽だから。

寿司屋に行って、松・竹・梅の中から選ぶ感覚です。

でも、Amazonで検索してみるとハーフサイズで1000円程度の歯磨き粉も売っていて、このサイズの種類が少なく、結局選びやすいということで、これを買ってみました。

歯がどんな風にいい感じになるのか、少し楽しみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする